畑・生き物・美術

畑にある命・美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」 =蛇の食人パーティ

ルノワールムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」1877年 パリ オルセー美術館

今日もルノワールの作品を見る。何しろ10代の頃憧れていた画家の一人なので思い入れがある。そんな人の絵がこんなとんでもない内容を隠していたというのが未だに信じ難い。画面中蛇だらけで、そいつらが人間を喰っている。

ルノワール ムーラン1
ルノワール ムーラン1 posted by (C)カール茅ヶ崎

日中野外での舞踏会。男女が踊り、語らい、酒などを飲む。鮮やかな色使いで描かれ、木々からの木漏れ日が人々に当たり、一見すがすがしい絵である。

ルノワール ムーラン2
ルノワール ムーラン2 posted by (C)カール茅ヶ崎

中央の若い女二人、衣服が全て蛇で出来ている。手前の座っている女は頭を齧られ、両手も咥えられている。左肩・首も齧られている。右肩に乗っているのは後ろの女の手ではなく、背中から廻って来ている白蛇の様だ。

後ろの女の頭に乗っている帽子は蛇で出来ており、頭を齧っている。ドレスの上の方では女の右肩を咥えており、下の方では尻を咥えている。身体は既に蛇に呑み込まれている。

ルノワール ムーラン3
ルノワール ムーラン3 posted by (C)カール茅ヶ崎

画面に向かって右方向に男が三人いる。椅子に座って背中を向けている男はその背に木漏れ日を浴びているように見えるが、この木漏れ日の一つ一つが蛇の柄、もしくは小蛇の頭になっている。

大きく観れば大蛇が男の左手・背中の上に乗っかっており、尻のあたりで別の蛇を咥えている。左足も大蛇にすり替わっており、その連結で出来ている。

右手のメモを取る男は下から来た大蛇数匹に首や顎を噛まれている。その後ろのパイプを咥える男も同様に大蛇に首筋を噛まれ、さらに上から来た大蛇に頭を喰われている。

ルノワール ムーラン4
ルノワール ムーラン4 posted by (C)カール茅ヶ崎

部分の拡大。上図左はドレスの女の尻のあたり、手前の女の頭に齧り付き、別のが肩を咥えそうにしている。

上図真ん中、後ろの女の左腕の後方に変に黒っぽい丸い塊があって、これは後ろ向きの女がそこにいてその頭であるらしい。だが大蛇が大きな口をぱっくり開けてくわえ込んでいる。その人の顔面は既に蛇の口の中である。

上図右、右手三人の男の内一番左の男の上に少年の顔があってその部分。少年は首には白い蛇が巻き付き、頭から青い蛇が乗っており、その青い蛇の上にさらに茶色っぽい蛇が乗っており、こうなるともう救いようが無いのではないか。

ルノワール ムーラン5
ルノワール ムーラン5 posted by (C)カール茅ヶ崎

画面向かって左の青年と少女。少女の方が悲惨だ。右耳の辺りから紺色の大きなのに噛み付かれ、顔の前方から薄青色のに噛み付かれ、さらに後頭部を白っぽいのに狙われている。少女はお兄さんと楽しく遊んでいるのではない。苦痛に顔をゆがめているのだ。

そのお兄さんの顔、よく見てみると口の両端に吸血鬼の様な牙が生えている(上図右端上)。口から小蛇が出ているかもしれない。

さらに先ほどの少年の左にマントを被った死神の様な者がいる(上図右下)。しかしこれも蛇が連結したりして組み合わさって出来ている事が今ではわかる。

ルノワール ムーラン6
ルノワール ムーラン6 posted by (C)カール茅ヶ崎

画面左の中景、ダンスをする人々。衣服は全て蛇で出来ている。身体を蛇に巻き付かれている。後方では蛇が上からぶら下がって来ている。

ルノワール ムーラン7
ルノワール ムーラン7 posted by (C)カール茅ヶ崎

画面上方、遠景。木々、立木に擬して強大な蛇どもが集まって来ている。後方の巨大な奴は大口を開けて正面顔を見せている。その口の中にはまた蛇が・・・。

有名絵画には必ずと言っていいほど描かれるこの巨大な蛇、こいつ等は空の異次元空間にいて、地上をコントロールしている者たちだろうか。人間に自分たちの事を「神」と呼ばせている生命体である。こいつ等の地球支配もいずれ終わりが来る。

ルノワール ムーラン8
ルノワール ムーラン8 posted by (C)カール茅ヶ崎

舞踏会の後方、小さく描かれた人たちの拡大図。画面の左端から順番に見て行く。

上図左、男女が踊っているが、女の頭は上から来た蛇にすっかり咥えこまれて見えなくなっている(髪の毛が逆立っているのではない)。男の方も上から降りて来た蛇に後頭部を噛み付かれている。

上図右、ベンチに座っているらしい男女の後ろ、男の子(?)が喰われている。上からブランと下がって来た蛇が右にくねって(ひらがなの「し」の字になって)彼の頭を丸のみしようとしている。

ルノワール ムーラン9
ルノワール ムーラン9 posted by (C)カール茅ヶ崎

上図左、同様にシルクハットをかぶった女(?)が「し」の字になった蛇に顎から噛み付かれている。

上図右、画面中央の若い女のすぐ後ろ、ダンスをする男女の男の後ろに人の頭と同じくらいの頭を持った蛇が襲いかかろうとしている。男の頭の後ろにはさらに大きな蛇が顔を見せ大口を開けている。女の方も頭や背中を噛み付かれている。

 

人間は蛇のエサなのだろうか。それが真実なのだろうか。信じたくない事だが、有名絵画・彫刻にここまで表現されているという事は・・・・。自分の目でその現場を見てみない事には完全には信じられないが、もしルノワールの描くこの現場が現実にあったとして、そこにいたらたぶん自分も生きていられないだろうから他の人に証言できない。