名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

セザンヌは悪魔の手下

大水浴図
大水浴図 posted by (C)カール茅ヶ崎

セザンヌはやっぱりエロ画家だ。「大水浴図」1898~1905年 フィラデルフィア美術館 には男性器・女性器がそこかしこに隠し絵で描きこまれている。画面中央に巨大な女性器、その内外に多数の男性器がある。

Wikipediaによると・・・・(セザンヌが)述べた「自然を円筒、球、円錐によって扱う」という言葉は、後のキュビスムにも影響を与えた言葉として知られる。・・・・とある。

しかしそれは違う。セザンヌは「男性器、女性器の形によって扱う」と言うのが正しい。

 

カード遊びをする人々
カード遊びをする人々 posted by (C)カール茅ヶ崎

「カード遊びをする人々」1892~1893年 カタールが購入(2億5千万ドル超・美術史上最高値とされる)

これはバーンズコレクションの「休息する水浴者」やエルミタージュ美術館「男性水浴図」と同様レプティリアンが多数描きこまれている。

上の写真では分かりにくいだろうが、Wikipediaセザンヌの項の画像を拡大画像にしてみると(より詳細な画像が今は自宅に居ながらにして見れるので便利だ。)、男2人の後ろの暗い所によく観ると気味の悪い骸骨の様な顔が浮かび上がってくる。観れば観るほどそこかしこにそれはいる。両目の光さえ描かれている。また向かって左の男の耳の下辺りが何か変だなと思っているとそこにはカエルの顔の様な物が見えてくる。右の男の顔も宇宙人の顔が写っているように見える。さらに2人のワイシャツの襟が骸骨の手のようだ。今の所気付いたのはここまでだが、まだ隠れているのかも知れない。

暗闇から覗く爬虫類人レプティリアン)。奴らは常に人間を監視している。セザンヌは奴らに魂を売り、この世一代だけの名声を手に入れた。

 

この絵に描かれたレプティリアン達を見ていて、キャンディーズの歌を思い出した。

 

♪あの人は悪魔 わたしをとりこにする やさしい悪魔

♪レースのカーテンに あの人の影が映ったら わたしの心はもう動けない

♪ふたりの影は やがてひとつの 燃えるシルエット

・(中略)

♪あの人は悪魔 私を夢中にする やさしい悪魔

♪バラ色のぶどう酒に 花びら浮かべば あの人よ

♪ふるえる小指が そう教えるの

♪鏡に映る 長いまつ毛の 恋のエトランゼ

♪AH! AH! DEVIL

♪MY SYEET LITTLE DEVIL

♪Woo...やさしい悪魔

セザンヌもこんな風に現れ、甘い言葉で誘惑する悪魔と契約を交わしたのだろう。歌手のキャンディーズは時々悪魔サインをして、悪魔への感謝を表していたが、画家のセザンヌはその作品中に悪魔を隠し絵で描きこんだのだろう。

男性器・女性器を隠して描くのは、人間をそのサブリミナル効果によって低次元に留まらせようとしているのだろう。