読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑の生き物と共に

農園の生き物の事を絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業5年生。

何をやってもうまく行かない日

一日の終わり
一日の終わり posted by (C)カール茅ヶ崎

ああ、一日が終わってしまった。

今日は何をしていたんだろう。畑を耕耘しようとして耕耘機を動かし始めた所で、そのロータリーピンを無くし、それを探したり店に注文しに行ったりして耕せず、コカブの防虫をしようとして噴霧器が無いことに気付いてそれも出来ず、何やかやで時間が過ぎてしまった。「そうだった。1月頃に納屋に泥棒が入って、手動式噴霧器も刈払機も高枝切りバサミも収穫バサミも盗まれてしまったんだ。それを忘れていた。」

ついてない日というのはあるもんだ。何をやってもうまく行かないときがあるもんだ。

耕耘機のロータリーはピンで固定してないと空回りして用をなさない。そのピンはたぶん途中まで耕した土の中に埋もれてしまったのだろうとさんざん掘り返して探したが見つからない。固定が不十分だったのだ。

泥棒の事は考えたくない。

明日はいい日でありますように。

新しく借りることになった畑は、耕作放棄地の指定を受けていて、藤沢市から上限10万2千円の支援金がもらえることになった。育苗用ビニールハウスと動力噴霧器にそのお金を充てようと思っている。