畑の生き物と共に

農園の生き物の事を絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業5年生。

駐車場に育苗施設を作る

軽トラ車庫作り
軽トラ車庫作り posted by (C)カール茅ヶ崎

自宅の駐車場に屋根を付けている。奥行10メートルの駐車場は車庫・野菜洗い場・育苗施設・物置・物干し場とする。

単管パイプで骨組みを作り、垂木を張って透明の波板を乗せて雨でも作業が出来るようにする。奥の5メートルが育苗設備で、電熱温床マットで種の発芽・育苗をする。接ぎ木苗もここで育てる。

研修先でいただいた古い風呂釜を設置して、ダイコン等の野菜をここで洗って乾かす。

農家の仕事は実に多岐にわたっており、こんな大工仕事もする。一番大事なことは他人に迷惑をかけないこと。波板を台風で飛ばされたりしない様頑丈に作っておかなければならない。雨水がお隣さんの庭に垂れない様雨どいも付けておく。

しかし軽トラというのは頼もしい。ホームセンターで買った4メートルの垂木も、重い単管パイプも何事もなく運べた(ロープのかけ方が分からず、店員さんにやってもらったが・・・)。4WDの軽トラックは思っていたよりも力強く便利だ。

2月10日にピーマンの種まきの予定で、それは発芽適温20℃~30℃という事だからそれまでに温床設備を完成させたい。野菜の赤ちゃんも軽トラも雨風から守って大事にしてやりたい。