畑の生き物と共に

農園の生き物の事を絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業5年生。

梅は冬の間に花を咲かせる準備をする

梅の蕾
梅の蕾 posted by (C)カール茅ヶ崎

梅の蕾は膨らんでいる。冬の間に(雪の降る時もあった)少しずつ少しずつ花を咲かせる準備をしていた。

梅の樹の下にあるフキ畑のササを除草している内に時間切れとなり、120日間に及ぶ農家研修が終わった。緊張が解けてなぜかぼう然としてしまう。

軽トラも買ったし、JA組合員にもなった。種苗会社のサカタとタキイの友の会にも入った。県から認定就農者の称号をもらったし、もうすっかり農家になった気がする。ただ、借地権設定による農地の取得が中々決まらない。当面違法に借りている芹沢の7アール程で始めるしかない。

すぐに始める仕事としては、家の駐車場に屋根を付けてその下に育苗施設を作り、ほったらかしになっている自分の畑の整備をすることから始める。

無利子で借りられる「就農支援資金」は提出書類が多く、手続きがやたら煩雑で、何か月もたってから支給だから営農に間に合いそうにない。その煩わしい手続きをやっているよりも、先日収穫したサトイモを調整して出荷した方が収入に結び付く気がする。もっと簡単に借りられる資金を頼んで、その金利を余計に作りだした方が手続きに時間を取られるよりはましな気がする。

JA・農業委員会・町の農政課・県の就農支援・・・・それにしても、なんだか良く分からない世界に入って来てしまった感があるが、ヒトの食べ物を作って生活して行くことにする。その生活の中で、生命の意味が少しでも分かるかもしれないと思って・・・・。