読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑の生き物と共に

農園の生き物の事を絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業5年生。

赤トンボと害虫の空中戦

赤トンボ
赤トンボ posted by (C)カール茅ヶ崎

赤トンボが増えてきた。畑・田んぼの上に大量に飛んでいて、バイクで道を走ったりすると顔にぶつかりそうだ。

多分アキアカネだろう。田んぼの水たまり等で梅雨時にヤゴから成虫になり、夏の暑い時は標高1000メートルの山の上で過ごし、秋になると平地に降りて来るそうだ。

そしてハエやカ・ウンカやヨコバイ等の害虫を集団で食いまくるそうだ。食べる量は自分の体重の1割を超えるという事だ。トンボは空中でエサを捉えるから、眼にはよく見えない小さな害虫を飛びながら盛んに捕まえているらしい。

だからトンボは急旋回もホバリングも自由自在になる頑丈で精密な仕組みの構造の翅を持っている。トンボの自由な飛行の前には米軍のオスプレイ戦闘機などおもちゃにすぎない。

赤トンボを応援したい。