畑の生き物と共に

農園の生き物の事を絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業5年生。

寒川の空は意外と広い!

寒川の空
寒川の空 posted by (C)カール茅ヶ崎

夏の大空の下、草刈りをする農夫のいる風景

 

研修先の寒川で作業中空を見上げると、空が大きく広がっているのが見える。寒川町は小さな町だが、意外と空が大きいことを発見した。東にも西にも遮るものが無い。

小田原生まれの僕は西に箱根山、北に丹沢山系が遮って、生家も窪地に建っていたので空の大きさをあまり感じたことが無かったと思う。少なくとも真っ赤に燃える夕日というものは見たことが無い。茅ヶ崎芹沢の農地も里山公園に遮られて午後は早いうちに日陰になる。

ここは箱根も丹沢も遠い、一面の平野で日照時間が長いのがうらやましい。作物がよく育つだろう。

向かいの小学校の校庭では新学期の始まった子供たちが走り回っている。元気な子供たちの声が聞こえる。