読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑の生き物と共に

農園の生き物の事を絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業5年生。

農業機械講習でトラクター運転

トラクター教習
トラクター教習 posted by (C)カール茅ヶ崎

今日明日と農業アカデミーで新規就農者の農業機械講習があった。草刈り機の扱い方と乗用トラクターの運転の仕方の基本的な所を習った。

クボタの最新式ディーゼルエンジン15馬力のトラクター、変則ギヤーとクラッチ等のレバーが何本もあって、それの操作が初めてなので緊張した。

来年から実際に耕作するのは3反くらいの予定なので、こういう乗用タイプは自分で購入して乗ることは無いと思うが(歩行式耕耘機を調達するつもり)、一応何かあった時のために、たまに誰かから借りて使う事もあるかもしれないので聞いておいた。炎天下の教習だった。

このトラクターで公道を走るには大型特殊(農耕車専用)免許が必要だそうだ。毎年夏にアカデミーで免許試験があるそうなので来年受験することも考えている。その免許があれば畑の近所の農家のトラクターを借りて使う事も出来るかもしれない。

 

農業を生業にするためには省力化が不可欠だ。生活が成り立たなければ無農薬栽培も有機栽培も環境保護も何も出来ない。ミミズをロータリーの刃で切って殺す事も、化石燃料を畑にばら撒くような機械化もある程度は仕方がない。生態系の自然回復・地球の環境自浄作用に期待するしかない。