読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑の生き物と共に

農園の生き物の事を絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業5年生。

売り物になりそうなスィートコーンが初めてできた

スィートコーン
スィートコーン posted by (C)カール茅ヶ崎

やっとまともなスィートコーンが出来た。

一昨年・去年と自分が食べられたのは作付けの2割くらいだった。特に去年はひどかった。4畝ほど作ってほとんどが株が大きくならず、大失敗したので今年はやめようと思っていたが、菜園仲間に影響されて半畝作ってみたのだ。やはり適期の農薬散布が決め手だった。

 

4月20日種まき

使用農薬 ゼンターリ水和剤2回・スミチオン乳剤2回・ダイアジノン3-1回・ダイアジノン5-1回・オルトラン水和剤2回。

7月11日初収穫

 

それでもアワノメイガの幼虫を3匹ほど捕殺した。それが入ったと思われる雄穂を切り取った。カラス避けに畝の周りをネットで覆った。テグスも張った。めしべを羽虫等に食べられないために実にタマネギネットを被せたりもした。

苦労した甲斐があって先の方まで実が付いた物が出来た。虫は入ってない。

品種はタキイの「スーパースィートコーン」で、粒が小さめだが塩茹でが甘くておいしい。これなら1本130円くらいで売れるのではないかと思う。

 

次の仕事は、農薬使用回数をどうやって減らすか・味をさらによくするために施肥をどうするかを検討してゆきたい。

アワノメイガの発生時期を考えて早めに種まきし、初期はビニール被覆で防寒して育てると虫が発生する時期とずれるので農薬使用回数も減らせるらしい。来年はそうした事もして3段階くらい時期をずらして作ってみようか。

スィートコーンの施肥設計は元肥N15Kg・P15Kg・K15Kg(10aあたり)で、追肥N5Kg・K5Kg(10aあたり)なのでその通りにやってみよう。(牛糞たい肥を入れた場合はその分Nを減らす。)