畑の生き物と共に

農園の生き物の事を絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業5年生。

アップルミントの葉は十字架の繋がり?

アップルミント
アップルミント posted by (C)カール茅ヶ崎

アップルミントの葉を真上から見ると十文字の葉が連なっているのが見える。葉は回転することなく同じ方向にきれいに並んでいる。

普通葉というのは日光を浴びやすくする為に上の葉と下の葉がずれていると思うのだが、これは2葉ずつ全く同じ向きで上から下まで並んでいる。上から見るとまるで十字架の連続だ。

2年前に一株の苗を小田原に植えてからずいぶん増えた。いまでは小田原と芹沢の畑合わせて8平米くらいになった。冬に地上部が枯れてもイチゴのようにランナーで増えるらしい。芹沢では近所の牛舎の糞の臭いをいくらかでも緩和できるかと思って畑の土手に小田原から移して植えておいたのだが、今では自生しているヨモギその他を抑えて密生して高さ70センチほどになっている。生命力の強い植物だ。

 

アップルミントを観ていて十字軍を思った。ひょっとして十字軍で戦った兵士たちがその意思をこの植物に残したのではないか。この植物は西ヨーロッパから西アジアにかけての地域が原産だという。宗教戦争の渦中で無念の思いを残したまま倒れた兵士の、その報われぬ思いが結晶して実体化した。そして青リンゴのような香りを永久に放ち続けそのキリストへの殉教の意思を主張し続けている・・・・というのは考えすぎだろうか。

たぶん十字軍の時代より前からこの植物はあったんだろうね。

 

もうすぐ白くおしゃれな花を咲かせる。