畑の生き物と共に

農園の生き物の事を絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業5年生。

スギナ・スギナ・スギナ(T_T)

スギナ
スギナ posted by (C)カール茅ヶ崎

2年目の畑に今年もスギナがたくさん生えてきた。今日はスギナ取りをした。

冬の間に畝を深めにスコップで掘り返し、地下の根を一つ一つ取り除いたのにまだ生えてくる。

さすがに耕耘したばかりの畝のところは少ないが去年秋に植えたタマネギ・ニンニク・ソラマメ・エンドウのところは取っても取っても生えてくる。またひと雨降るたびに生えている。

地上部を刈り取っただけではだめだ。地上部を指でつまんで抜こうとしてもすぐに切れる。切れたところの地下部分の頭を指を突っ込んでもう一度強くつまんで上に引くと根っこが10センチから20センチくらい繋がって抜ける。長いものが抜けた時はちょっと気持ちいい。

芥川龍之介の「鼻」を思い出す。・・・長い鼻の僧侶が鼻の治療の際、その表面から脂だか何だかを抜くシーンだ。

出来るだけ長い根っこを抜くべく指に力を入れて慎重に引き抜く。ニンニクやタマネギの株元に生えてきたものは残らず抜く。当分この作業が続きそうだ。何年か続けていれば次第にこの雑草も少なくなる事を期待する。