名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

2019-03-25から1日間の記事一覧

浅井忠 「小丹波村」 穏やかな風景の中に隠された人食い鬼女の絵

浅井忠 「小丹波村」 1893年(明治26年) 三重県立美術館 明治の初めに日本美術界を牽引した画家のひとり、後の有名な画家たちを教育した人。この画家がこんな絵を残している。小丹波村は現在の東京都西多摩郡奥多摩村。自然豊かな田舎道を描いている。今で…